Galaxy開発企業サムスン:スマートフォンは仮想通貨取引に適した最も安全なデバイスだ

Galaxy開発企業サムスン:スマートフォンは仮想通貨取引に適した最も安全なデバイスだ
仮想通貨取引で最も安全なデバイスとは
米アリゾナ州のコンサルタント企業のシニアパートナーは、世界最大級の販売台数を誇るスマートフォンGalaxyの開発メーカー、韓国サムスンの自社メディアにて、「ノートPCやデスクトップPCよりもスマートフォンの方が仮想通貨をより安全に取引が行える」理由を解説した。

仮想通貨取引で最も安全なデバイスとは

米アリゾナ州のコンサルタント企業Opus OneのシニアパートナーJoel Snyder氏は、世界最大級の販売台数を誇るスマートフォンGalaxyの開発メーカー、韓国サムスンの自社メディアSamusung Insightsにて、「ノートPCやデスクトップPCよりもスマートフォンの方が仮想通貨をより安全に取引が行える」という趣旨の記事を投稿し、注目されています。

Snyder氏は、30年以上に渡ってネットワークや情報セキュリティ分野での経験を積んでおり、仮想通貨技術において、最重要な役割を果たす「公開鍵の暗号化」などについて、専門的な知識を持っています。

彼は記事内で、秘密鍵が、一般的なコンピューターのハードディスクやSSDのようなメモリに保管されているのであれば、ちょっとしたウイルスなどのマルウェアによって容易にアクセスされてしまうことを主張しました。

しかしスマートフォンには、一般的にTEE(Trusted Execution Environment)と呼ばれる、重要なデータを保護するための特別な実行環境が標準化されています。

このTEEがあることによって、スマートフォンは、デバイスとは別に、メモリ、ストレージにおいて独自の実行環境を有することができ、AndroidのようなOSさえも容易にTEEへのアクセスや変更もすることができないのです。

よって、ハッキング攻撃やセキュリティを突破されたとしても、デバイスから独立しているTEEに秘密鍵などの重要情報を保管していれば、容易にそのような情報が盗まれることはないと考えられています。

Snyder氏は、注意点として、以下のようにコメントしました。

このような理由から、スマートフォンはノートPCやデスクトップPCよりも、仮想通貨ウォレットとして優れていると言える。逆にハードウェア基盤のTEEなしでは、秘密鍵は安全であると言えない。

しかし注意点として、仮想通貨ウォレットの開発者が未熟なケースで、秘密鍵の情報を、TEEを利用せずにスマートフォンに保管するように設定していた場合、スマートフォンを利用する優位性が著しく損なわれてしまい、使用するウォレット自体がマルウェアであった場合も優位性が無くなる。

スマートフォンのTEEの恩恵を適切に享受することができれば、ユーザーの資金を保管するのにこれ以上安全な場所はないだろう。

リスク対策のために

このように、スマートフォン基盤での仮想通貨ウォレットは、短期〜中期的に資金を保有し、今後さらに仮想通貨が普及して日常の支払いなどで仮想通貨を使用する場合に、最適な保管場所であると言えるでしょう。

Snyder氏は、長期的に仮想通貨で保有しておくのであれば、一番安全なのは、秘密鍵のバックアップを複数取っておき、スマートフォンではなく、完全なオフライン環境で保管することであると主張しました。

2018年に入ってから、仮想通貨取引所は、多くのハッキング被害を受け、ユーザーの資産が何度もリスクに晒される危険性を目の当たりにしてきました。

多くの人々が、フィッシングサイトやメール、Eメールアカウントの乗っ取りなど、あらゆる方法でハッキングの被害を受け、資産を失っています。そして、今後仮想通貨取引所のセキュリティが高まっていくにつれて、個人に焦点を当てた悪意のある行為がさらに増加することも十分あり得ると言えるでしょう。

仮想通貨市場が置かれている現状を重く受け止め、個人単位でもセキュリティ意識をより高め、日頃から警戒心を最大限に高めておくことが必要であると言えます。

CoinPostの関連記事

2018-05-01 19:23
2018-03-23 20:17

Source: CoinPost