エリーパワーの関連銘柄と上場期待値【蓄電池関連・ユニコーン・IPO】

エリーパワー株式会社は、蓄電システムの開発や製造などに取り組む非上場企業だ。

蓄電池需要は一部家庭において太陽光発電により生まれた電力の買取期間が終了することや、電気自動車開発が進められていることなどから業績も上昇傾向だ。

エリーパワーの成長に伴い蓄電ビジネスが活況を呈すれば、上場企業に恩恵が波及することも考えられると共に、エリーパワー自体の上場にも期待が高まる。

エリーパワーの企業詳細

社名 エリーパワー株式会社
(ELIIY Power Co., Ltd.)
代表者名 代表取締役社長
吉田 博一(よしだ ひろいち)
本社所在地 〒141-0032
東京都品川区大崎1-6-4
新大崎勧業ビルディング19階
事業内容 大型リチウムイオン電池および蓄電システムの開発、製造、販売
設立 2006(平成18)年9月28日
投入資本額 315億2,853万円
(内資本金157億7,776万円)※2017年7月20日現在
従業員数 337名  ※2018年4月1日現在

 

取得認証

ISO9001(品質マネジメントシステム)

登録認証番号 JQA-QMA14501
適用規格 ISO 9001:2008 / JIS Q 9001:2008
取得年月日 2011年12月16日
登録活動範囲 リチウムイオン電池及びリチウムイオン電池モジュールの設計・開発及び製造
リチウムイオン電池に関連する蓄電システム等の設計・開発、製造
(アウトソース)及び据付け
対象事業所 川崎事業所 / 技術開発センター
認証機関 一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)

 

ISO14001(環境マネジメントシステム)

登録認証番号 JQA-EM6996
適用規格 ISO 14001:2004 / JIS Q 14001:2004
取得年月日 2013年8月23日
登録活動範囲 リチウムイオン電池及びリチウムイオン電池モジュールの製造
リチウムイオン電池に関連する蓄電システム等の設計・開発
対象事業所 川崎事業所
認証機関 一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)

 

株主構成

株主構成一覧を表示

株主名 株数(千株) シェア (%)
大和ハウスグループ 16,732 32.21
 (大和ハウス工業株式会社) (8,744) (16.83)
 (エネサーブ株式会社) (7,988) (15.38)
国際石油開発帝石株式会社 5,853 11.27
東レ株式会社 3,782 7.28
SBIグループ 3,634 7.00
 (SBIインベストメント株式会社) (621) (1.20)
 (SBI Ventures Two 株式会社) (3,013) (5.80)
大日本印刷株式会社 3,000 5.78
ゴールドマン・サックス証券株式会社 2,083 4.01
株式会社ジャフコ 1,869 3.60
株式会社ミツウロコグループホールディングス 1,538 2.96
株式会社オービック 1,408 2.71
スズキ株式会社 1,389 2.67
阪和興業株式会社 1,388 2.67
ダイキン工業株式会社 1,388 2.67
大成建設株式会社 972 1.87
株式会社安川電機 769 1.48
豊田通商株式会社 735 1.41
三井住友海上グループ 719 1.38
 (三井住友海上キャピタル株式会社) (580) (1.12)
 (三井住友海上火災保険株式会社) (139) (0.27)
ミツミ電機株式会社 710 1.37
高砂熱学工業株式会社 666 1.28
日本ベンチャーキャピタル株式会社 600 1.16
アルプス電気株式会社 381 0.73
三井住友フィナンシャルグループ 351 0.68
 (株式会社三井住友銀行) (281) (0.54)
 (三井住友ファイナンス&リース株式会社) (70) (0.13)
興銀リース株式会社 307 0.59
三井生命保険株式会社 277 0.53
東テク株式会社 274 0.53
株式会社ネクシィーズ・ゼロ 200 0.39
鈴与商事株式会社 138 0.27
株式会社竹中工務店 134 0.26
長州産業株式会社 134 0.26
個人株主 515 0.99
合 計 51,946 100

 

エリーパワー関連 最新ニュース

太陽光パネル設置家庭や電気自動車向けの蓄電池需要に期待

エリーパワーが取り組む蓄電池関連ビジネスは将来性に期待できる。

まず、家庭での太陽光発電で生み出された電力の一部が、2019年に固定価格買い取りの期限を迎える。期限後は新たな売電先を探すほかに、自宅に蓄電システムを導入するという選択肢がある。

売電先が見つかった場合でも従来と比べて買取価格の低下が予想されることから、家庭での蓄電システム需要が高まると考えられる。

また、蓄電池は電気自動車に不可欠な製品だ。

電気自動車の開発が着実に進められていることから、蓄電池需要がそう遠くない将来に急増することもあり得る。

2つの要因で蓄電池需要が後押しされることから、設備投資に積極的なエリーパワーを取り巻く環境は良好だと言えるだろう。

 

業績成長に伴いユニコーン企業化の可能性も

エリーパワーは蓄電池需要の高まりを背景に急成長している。

2018年7月には滋賀県で新たな工場用地を確保し、増産に向けた取り組みも進めている。

需要に対応して生産能力を高めることができれば、業績を伸ばして企業価値を向上させられる。エリーパワーは非上場企業であり、企業価値が上がればユニコーン企業化することもあり得る。

メルカリのようにユニコーン企業から上場企業になった銘柄も見られることから、エリーパワーも将来的に成長投資に充てる資金の調達方法の1つとして、株式上場を選択する可能性がある。

エリーパワーがユニコーン企業となったり、その後上場を果たしたりすれば蓄電池ビジネスへの関心はさらに高まるかもしれない。

個別銘柄の物色が中心の日本株市場において、エリーパワーのさらなる成長を見込んで関連銘柄を購入してみてもよいだろう。

 

株師孔明注目のエリーパワー関連銘柄

エリーパワー関連銘柄【本命】

<1925>大和ハウス工業

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

建築ビジネスに取り組んでいる。エリーパワーの筆頭株主であり、グループ企業とあわせると3割の株式を保有している。エリーパワーが成長を続けて上場に至ることとなった際には、株式の一部を放出するなどして利益を上げることが可能だ。

 

エリーパワー関連銘柄【おすすめ】

<6752>パナソニック

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

大手家電メーカーである。蓄電池開発にも意欲的で、市場拡大に伴い業績の押し上げ要因となることが期待される。エリーパワーの成長でシェアを奪われるリスクはあるものの、一方で市場拡大が進むことで恩恵を受けられるチャンスもあると私はみている。

<6752>パナソニック についてのさらに詳しい情報・材料を入手したい場合はこちらのサイトがオススメ ⇒ 株エヴァンジェリスト

 

エリーパワー関連銘柄【注目】

<1605>国際石油開発帝石

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

油田開発ビジネス等を手掛けている。エリーパワーの株式を11%強保有しており、エリーパワーの成長から恩恵を受けられるだろう。電気自動車の普及などで石油・天然ガスの需要が減少した際の業績悪化リスクを、エリーパワーへの成長期待でヘッジすることができる銘柄だ。

 

<3402>東レ

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

繊維ビジネスに取り組んでいる。炭素繊維開発に積極的に取り組むなど成長性にも期待できる。エリーパワーの株式を7%保有している。エリーパワーが開発する蓄電システム向けの製品納入が将来的に業績を力強く下支えする可能性もなくはない。

 

<8473>SBIホールディングス

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

証券ビジネス等を実施している。エリーパワーの株式を7%保有している銘柄だ。エリーパワーが業績を伸ばしてユニコーン企業化し、上場期待が高まれば物色対象となりやすい。エリーパワーのIPO実施時に株式保有実績を活かして主幹事など重要な役割を果たすことにも期待できる。

 

<6937>古河電池

この銘柄のチャートとオススメ理由を表示

蓄電池メーカーであり、自動車向け製品に強みを持つ。蓄電池関連銘柄の中でも取り組んでいる事業領域が比較的狭いことから、テーマ性が意識された際に株価上昇を見込みやすい。業績面でも黒字が定着し、増配も進めていることから安心感もある。

 

エリーパワー関連銘柄まとめ

エリーパワー関連銘柄は、非上場のエリーパワーが工場の新設などを進めて成長を加速させようとしていることから注目を集めている。

今後も蓄電池需要は伸びると見込まれており、積極的な設備投資姿勢が功を奏することが期待される。

エリーパワーが成長することで上場企業の蓄電池メーカーに関心が向かいやすくなるほか、エリーパワーがユニコーン企業化すれば、株式を多く保有する銘柄も物色対象となる。

エリーパワーの業績成長をにらみながら、関連銘柄の選別を進めたいところだ。

 

Source: 株師孔明の株&仮想通貨ブログ