ビットコイン7000ドル目前、価格を上昇に導いた3つの要因とは|仮想通貨市況

ビットコイン7000ドル目前、価格を上昇に導いた3つの要因とは|仮想通貨市況
ビットコイン7000ドル目前
ビットコイン相場は、米ドル建てで7000ドルに迫る勢いを見せている。日本時間午前に価格が大きく急騰したが、それには3つの価格上昇要因が考えられる。

仮想通貨市況

ビットコイン相場は、27日午前8時30分にbitFlyerのBTC/JPYにて74万3000円から76万6000円まで、2万円強となる上げ幅を記録、価格を急騰させました。

米CoinbaseのBTC/USD建では7000ドル目前まで迫ったものの、一時的に値動きは落ち着きを取り戻しており、6900ドル付近で推移しています。

出典:TradingView

追記

日本時間午前8時半の急騰に続く、2度目の価格上昇が見られ、ついに7000ドルを突破しました。(21時現在)

7000ドル水準となったのは、約20日来となります。

これにより、CBOE関連VanEck版ビットコインETFが9月30日まで延期されたことが発表され価格を大きく急落させた8月8日以降の最高値を更新、先日までの高値、かつ上値サポートラインとなっていた75万3000円(BTC/JPY bitFlyer)を超えたことは大きな変化点として見ることができます。

フィボナッチタイムゾーン

昨日の仮想通貨市況
でもお伝えした通り、日足bitFlyerにて、昨日から今日にかけてフィボナッチタイムゾーンではちょうど34日目といった節目となっていたことで、チャート上では綺麗に大きく動き、やや長めの陽線をつけました。

また、フィボナッチリトレースメント上でも節目の38.20%のレジスタンスラインを上抜け、ここを抜けきるかどうかの節目を迎えております。ここを上抜けて次のレジスタンスラインを目指していくか、抜け切らず再び下落するかに注目です。

出典:TradingView

USDTの動き

その他のファンダメンタルズ要因として注目されたのはUSDTの送金状況です。

8月27日夜、テザー社が発行するUSDTが、50,000,000ドル(55億円)相当送信されたことが、USDTをトラッキングするomniexplorer.info上で確認されました。

USDTの新規発行ではなく、送信履歴であるとされていますが、前回多額の資金が動いた8月22日、ビットコイン価格急騰の要因とされた、BitMEXのメンテナンスに合わせる形で買い仕掛けが入った可能性が指摘されており、この操作が行われたとされるbitfinexへ、当時USDTが送られていたと報告されていることから、今回の値動きに作用した可能性が指摘されています。

前回大きく値が動いたことでより注目を浴びていた状況から、投資家心理が価格上昇期待に傾いた可能性もあります。

ビットコイン先物ショートポジション数が最低値記録

先週、ビットコイン先物における投資家たちの下げ相場予想は去年12月発売以来最も低かったと記録されており、一か月に渡ったBTC下落相場の終わりの先取と考えられています。

8月21日までに取引されたネットポジション(ショート3426数ーロング2160数)が1266となり、Cboeのデータによれば、過去最低を記録したとしています。

出典:Cboe

今回のショートポジション減少は、ここ10週間で最多のネットポジション数1945から1266へと変化しており、6月からサポートラインとされていた6000ドルから脱したことの要因と考えられます。


執筆時(28日20時)、BTCは6900ドル前後で取引されていますが、コインデスクが考える今後のシナリオは以下の通りです。

シナリオ1:センチメント的に、6800ドルを乗り越えれば、7000ドルに向かうことは難しくはない。


シナリオ2:4時間足のチャートで、上昇トレンドラインを下回れば、上昇の勢いを弱め、再び6230ドルラインへ落ちる可能性も考えらる。

参考記事:coindesk

CoinPostの関連記事

Coinbaseと米規制機関の動き

現在の仮想通貨市場の動きを左右しているのは、規制の大きな枠組みとして世界の各国政府…

2018-08-28 11:30

Source: CoinPost