下落時でも人気を博す「高倍率ビットコイン投資」の危険性

下落時でも人気を博す「高倍率ビットコイン投資」の危険性
危険なシンセティック投資
現在仮想通貨市場の相場変動が少なく、レバレッジをかけるトレーダーが増えている。それに伴いBitmexなどのプラットフォームは利益を得ているが、損をするトレーダーも増え議論が起きている。

デリバティブ取引は新しいものではなく、昔から投資家に愛されてる投資商品のひとつです。

最近の仮想通貨市場は、下落期にある中で、相場の変動が小さくなってきており、トレーダーはリバレッジをあげ、ハイリスク・ハイリターンなBTCのデリバティブ取引に移行しています。

この様な背景を受け、レバレッジ取引を有するBitmexやDeribitのようなプラットフォームは利益を得ているものの、トレーダーの損失額の幅は大きくなっています。

デリバティブ取引は許容範囲がなく深追いは危険

ビットコイン投資はよくでこぼこ道を通り抜けるようなものだと描写されます。

もしこの表現が正しければ、デリバティブ取引はでこぼこ道を260キロでバイクを走らせるようなものであり、一つのミスが致命的になります。

例えば故意にサイトに負荷を加えて、ユーザーの身動きを封じ、サイトを落とす目的で行われるDDoS攻撃のようなものがあります。

保有者は相場が下落しても、ポートフォリオ上では含み損で留まりますが、同じことを100倍のレバレッジをかえて行う場合、強制的に清算される可能性があります。とくに高いビバレッジは、逆指値など取引方法や、相場の読み方に疎い初心者にとってかなり難しいものであることは間違いありません。

実際に8月22日にビットコイン価格急騰の要因とされた、BitMEXのメンテナンスに合わせる形で、買い仕掛けやDDoSが行われたことが報告されており、複数の要因が複雑に絡み合う状況となっています。

ビットコイントレーダーが利用できるシンセティック投資は先物取引、デリバティブ取引、信用取引と3つあります。

BitmexやWhaleclub、Deribitのようなプラットフォームはこれら全てのサービスを提供していますが、Bitfinexや Hitbtc、Poloniexといった長く続いている取引所は信用取引のみ扱っており、Okcoinは先物取引と信用取引を提供していますが、デリバティブ取引は扱っていません。

  • 先物取引:取引所によっては最大100倍までレバレッジをかけられるデリバティブ取引の一種で、未来に資産の売買をするという契約です。
  • デリバティブ取引:ある資産の価格を準拠させる金融商品。
    Bitmexのようなサイトではオプション取引やスワップ取引、先物取引など全てのデリバティブ取引が可能です。レバレッジをかけることにより、潜在的利益や損失が何倍にもなり取引次第ではハイリターンが見込めます。
  • 信用取引:仲買人から借りた資金で行う取引です。借りた資金よりも多くの利益を得られるという見込みの元に行われます。現金や株式を担保として証券会社に預けて、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったりする取引のことです。

危険なデリバティブ取引

仮想通貨に関するツイートやテレグラムのチャンネルでは、レバレッジをかけたトレーダーからの悲痛なコメントがあふれているといい、特にBitmexにおいての、トレーダーの大きな悩みのタネの一つは、予期せぬアクシデントに見舞われ、最善のプランが潰れてしまうことであるといます。

経験豊かなトレーダーでさえも大きなリスクを取り、DDos攻撃や休止、ログインエラーや急な価格上昇により全てを失うトレーダーもいます。そのようなアクシデントが生じたとき、救済措置があるとは言い難いです。

参考記事:Synthetic Bitcoin Is 100x More Lethal Than the Real Thing

CoinPostの関連記事

2018-08-22 13:20
2018-08-22 10:55

Source: CoinPost