ビットコイン暴落、ゴールドマンサックスのBTC取引提供計画の一時中止が影響|仮想通貨市況

ビットコイン暴落、ゴールドマンサックスのBTC取引提供計画の一時中止が影響|仮想通貨市況
仮想通貨市場
ビットコイン相場は5日、82万円で均衡していた価格が、18時半付近で急落した。これにはゴールドマンサックスのビットコイントレーディングデスク一時中止の発表が影響した模様だ。

仮想通貨市場

ビットコイン相場は5日、82万円で均衡していた価格が、18時半付近で急落し、2段価格を落とす形で4万5千円幅の下落を記録しました。

出典:TradingView

本日のビットコイン価格は、上昇を継続させている力強さを見ており、チャートを見ると、日足では一目雲を抜け。

また週足でもMACDのゴールデンクロス形成が確認、長期的に上昇トレンドに期待したい局面にあるなかで、フィボナッチリトレーメントで重要ラインである61.8%に近づいていることもあり、油断出来ない相場となっていました。

61.8%ライン、つまり85万円代付近には大きく価格を落とす場面が多く、このラインまでだんだんと近づいているため、注目すべき相場となっていた中での急落となります。

ビットコインの急落原因

米国著名経済誌ビジネスインサイダーの報道によると、情報筋から米国有名大手投資銀行ゴールドマンサックス(GS)は法的規制が不明瞭な中、計画中のビットコイン取引デスクの開設を後にし、仮想通貨カストディ・サービスなどの商品にフォーカスを移し、機関投資家の代わりに巨額ファンドの保管や価格変動の追跡を担うと思われます。

また、機関投資家が安心に取引を行うためには、信頼できるカストディ・サービスが不可欠だと言われています。

コインポストで報道
したように、GS社は今年の5月にビットコインの取引デスクを開始することが決定、ビットコインへの取り組みが始まったとされたが、
今回の決定に関して、GS社の代表者の一人は以下のように言及しました。

「クライアントの要望に応じるために、我々は最善なサービス案を検討したが、結果、現時点ではデジタル・アセットの取引業務に対する結論には至らなかった」

本日夕方から見られるBTC及びアルトコイン急落に対して、米CNBCも今回GS社の突如な決定によるものではないかとみている様です。

詳しい詳細記事を公開しました。以下の記事をご参照ください。

2018-09-06 07:54

CoinPostの関連記事

2018-09-05 16:50
2018-09-05 08:42

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

米中貿易摩擦が再び警戒されたことで、株式市場は軟調気味。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も弱含みの銘柄が多く見られました。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

2018-03-10 20:30

Source: CoinPost