5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/7)

5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/7)
目次
  1. CoinPost注目ニュース
  2. Pick Up(日本国内ニュース)
  3. Pick UP(海外ニュース)

CoinPost注目ニュース

ゴールドマンサックス社CFO、仮想通貨取引デスク中止の報道は「フェイクニュース」

重要度:★★★★★

ビットコインETFから進展|複数通貨を組み込む仮想通貨ETFを米Coinbaseが検討

重要度:★★★★☆

トランプ大統領指名によるSECの新執行委員承認|ビットコインETFに追い風との見方

重要度:★★★★☆

Pick Up(日本)

近鉄グループと三菱総合研究所がデジタル地域通貨実用化に向け、大阪市と連携

近鉄グループホールディングス株式会社と株式会社三菱総合研究所は、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の実用化に向け、大阪市、地元商店会と連携して第2回社会実験を実施。

デジタル地域通貨「近鉄ハルカスコイン」の実用化に向け、大阪市、地元商店会と連携して第2回社会実験を実施~あべの・天王寺エリアに利用範囲を拡大~

仮想通貨投資、6割が損失を抱える 個人投資家調査

 日経マネーが毎年実施している「個人投資家調査」。12回目となる2018年は1万3137人から回答を得た。仮想通貨は、17年の急激な相場上昇が普段投資に関心のない人を巻き込み、一種のバブルとなった。その仮想通貨投資を行っていたのは2260人(回答者全体の17%)。うち運用成績が分かる1183人について分析した。そこから浮かび上がるのは、株式と全く違う投資家像だ。

仮想通貨投資、6割が損失を抱える 個人投資家調査

Pick UP(海外ニュース)

「時代に取り残される」リップルCEOなど著名人が米政府の仮想通貨規制に危機感を示す

重要度:★★★★☆

Bitmain傘下企業、BTCマイニングでAsicBoost使用|価格下落による収益悪化が影響か

重要度:★★★☆☆

テキサス州、高級車販売店でビットコイン・ビットコインキャッシュを受け入れ開始

重要度:★★☆☆☆

仮想通貨取引プラットフォームRobinhood、IPO準備中、資産価値は6193億円にも及ぶ

重要度:★★★☆☆

仮想通貨投資家の50%以上が1年以内の買い増しを宣言、有望視される通貨も明らかに|調査レポート

重要度:★★★★☆

AI分析に続き、2人投資専門家もビットコイン暴落に「クジラ」の存在を示唆

重要度:★★★★☆

コインベース上場、イーサリアムクラシック(ETC)が受ける影響とは

重要度:★★★☆☆

リップル、英国大手送金サービス企業TransferGoと提携:ついにインド市場へ参入か

重要度:★★★☆☆

韓国の大手保険会社:仮想通貨取引所のハッキング被害を対象とした「保険サービス」を計画か

重要度:★★★★☆

「XRPは素晴らしい通貨だ」Arrington XRP Capital創設者語る

重要度:★★☆☆☆

免責事項

仮想通貨投資は必ず利益が得られるものではございません。その商品性を理解し、仮想通貨投資、仮想通貨購入時は自己責任の下行なって下さい。

また、仮想通貨は非常にその変動性が高くハイリスク・ハイリターンとなっている他、価格変動リスク、流動性リスク、信用リスク、さらにはセキュリティリスクなど様々なリスクがあり、そのリスクを十分理解した上で、投資家の自己責任原則の下、投資を行なって下さい。

取引所の口座開設時のリスクに関する項目等もよくお読みになった上で、投資をされる事を推奨いたします。

Source: CoinPost