「ビットコインはテクニカル的な支えを見失った」先週末から続く下落の重要性|仮想通貨市況

「ビットコインはテクニカル的な支えを見失った」先週末から続く下落の重要性|仮想通貨市況
仮想通貨市場
ビットコインは5日から急激な下落を記録しているが、その状況はかなり厳しいのであるといえる。アメリカ投資会社Fundstrat Global Advisorsでテクニカルアナリストを務めるRobert Sluymer氏も今回の爪痕は大きく、テクニカル的な指標を見失ってしまったと言及している。

仮想通貨市場

ビットコイン価格は、のちに偽のニュースとされたゴールドマンサックスの仮想通貨取引デスクの一時中止発表のタイミングから12万円、米ドル建で1000ドルを超える大下落を記録し、土日こそ値動きに落ち着きが見られましたが、昨日よりボラティリティの高い、慌ただしい相場が続いています。

出典:TradingView

時価総額は、5日から435億ドル下落しており、日本円建で4兆8320億円相当となる仮想通貨市場全体の大暴落となりました。

時価総額では、すでに年初来最安値を更新し続けており、弱気市場が続いたことで、2017年台頭し始めた草コインを中心に急速に値を落としており、判断材料として厳しいものになってきました。

海外ではボラティリティが高い仮想通貨市場の中で時価総額100位に残る仮想通貨に絞ったインデックス指数(ALT100)がより時価総額の推移より重要視されてきている傾向にあり、弱気相場の脱却がビットコインを中心に主要通貨から現れ始める傾向があることからも、今後の一つの指標となるかもしれません。

出典:altdex.co

ALT100のインデックスを公表するaltdex.coのデータでは、ここ3ヶ月で2度70.5を底値としており、現在も72.5から下がり調子となるため、一つの注意点となります。なおインデックスの構成は、ビットコインが58.8%、ETHが10.8%、XRPが5.6%、BCHが4.4%と続き上位100通貨となります。

ここ数週間仮想通貨は下落の一手を辿っている中で、デジタル資産の大規模採用はまだ先の話になりそうだと不安を煽られた状況があります。

不安のきっかけになったのは米国証券取引委員会が一時的に仮想通貨関連のETNを中止、またイーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏は先日ブルームバーグに「ブロックチェーン業界が急激成長する時代はおそらくもう去った」と言及するなどマイナスな材料が続きました。

仮想通貨取引会社OSL(Octagon Strategy Ltd.)のライヤン・ラバギリア氏も、「今回の一時中止は少々反動を残したが、最終的にはこれも市場が乗り越えねばならないハードルの一つに過ぎない」と言及しました。

なお、ETNに関して、SECがビットコインETFを念頭に正しい規制下での取引を目指す上での動きの一つであり、状況的には大きな爪痕を残す結果には至らないと思えます。

サポートラインを見失う状況

アメリカ投資会社Fundstrat Global Advisorsで運営ディレクターおよび、テクニカルアナリストを務め、そのテクニカル分析や市場リサーチ分野において25年以上の経験を持つRobert Sluymer氏(以下、Sluymer氏)が、暴落した9月5日の報告書にて、今後1~2週間でビットコインにとって重要な局面に突入することを示唆しています。

当時、6,600ドル(約73万円)および、6,800ドル(約75万円)に重要なサポートラインがあると言及しており、そのサポートラインを割る場合、8月の最安値6,000ドル(約66万円)レベルまで価格まで落ち込む可能性を主張していました。

出典:TradingView

その状況通り、2つの重要サポートラインは暴落の影響で割った結果、6100ドル近くまで下落を記録しましたが、Sluymer氏は9月5、6日の大幅な下落が投資家の予想以上に「非常にダメージの大きい下落であった」とアメリカ出版社Dow Jones & Companyの運営するメディアMarketWatchで主張しています。

今回の下落の結果、ビットコインの強力なテクニカル的な後押しがなくなってしまい、相場が彷徨うことになり、ロングポジションで入るデイトレードは魅力的でなくなってしまったと言及しました。

今後更に危険な状況に陥るのは、100日移動平均線を下回った場合であるとし、以前注意すべき状況であることをユーザーに説きました。

年末まで3ヶ月強

仮想通貨市場は年末に向けて暴騰が記録することが度々記録されており、投資家の中には値動きに期待する声も大きいといえます。

undstrat Global Advisors社の共同創業者Tom Lee氏(以下、Lee氏)は、8月末に出演したCNBCの番組にて、自身の2018年末までのビットコイン価格予想は変わらず20,000ドル(約220万円)であると主張している上、未だ強気な姿勢を継続させています。

ツイッターにて過去のビットコインの年初来倍率を記録した表では、今年がマイナス50%を上回っている他、1度のみマイナスで年末を迎えているのみで、7年中6年が大きなプラスで終えています。

悲観ムードに包まれる仮想通貨ですが、今後の値動きに注意を払いつつ、仮想通貨市場の年末への強さに期待したいと思います。

CoinPostの関連記事

2018-09-10 19:07
2018-09-10 15:58

Source: CoinPost