金とビットコインの価格推移が驚くほど一致、下落相場が継続してしまうのか

金とビットコインの価格推移が驚くほど一致、下落相場が継続してしまうのか
金とビットコイン、価格推移がほぼ一致
金とビットコインの共通点はこれまでも色々と話題に上がってきていましたが、今回とあるTweetによって、恐ろしいまでの金とビットコインの価格推移位の一致が判明しました。もし本当にビットコインが金の価格推移に同じくなるならば、初期の今後は継続的な価格下落が続くことになる可能性もあります。
ビットコインの価格の上昇を信じる人々
VanEck/MVISのデジタルアセット戦略担当のGabor Gurbacs氏によれば、ビットコインが「デジタルゴールド」の役割を本当に果たすものになればその価格は2万ドル(約222万円)に達するだろうとのことです。

金とビットコイン、価格推移がほぼ一致

ビットコインが10年前に誕生して以来、一部ではこれが「デジタルゴールド」と呼ばれるなど、常に金(ゴールド)との比較がされてきました。

この2つの資産はいずれも、価値の保存に使われ、可分で、丈夫でそして安全だという共通点があります。

2つの共通点はこれまでも色々と話題に上がってきていましたが、今回、Nunya Bizniz氏の指摘によって恐ろしいまでの金とビットコインの価格推移位の一致が判明しました。

6日木曜日、Bizniz氏はTwitterで2種類の異なる価格チャートの画像を投稿しました。

一方は金の、もう一方はビットコインの価格の推移ですが、これが驚くほど似通っているのです。

金とビットコインは本質的には異なる2つの資産であるにも関わらず、このような一致を発見し、Bizniz氏も「恐ろしいくらいだ」とコメントしました。

これを見る限りでは、もしビットコインが金の価格推移に同じくなるならば、初期の急激な価格上昇から転じて継続的な価格下落が今後続くことになるのではと考えられるでしょう。

Bizniz氏はツイートの後、さらにチャートを拡大して投稿し、それを見れば2つの相関の強さがさらにはっきりとわかります。

もし本当にこの通りに価格が動くならば、今後2〜3ヶ月のうちにビットコイン価格はサポートラインである5800ドル(約64万3800円)を下回ることになってしまいます。

ビットコインの価格の上昇を信じる人々

しかし、VanEck/MVISのデジタルアセット戦略担当のGabor Gurbacs氏によれば、ビットコインが「デジタルゴールド」の役割を本当に果たすものになればその価格は2万ドル(約222万円)に達するだろうとのことです。

同氏は以下のように述べます。

投資家たちはこぞってビットコインをデジタルゴールドだと言いますが、金の時価総額は約7兆ドル(約777兆円)あるため、ビットコインの時価総額のアッパーはまだまだあります。ビットコインは実際にデジタルゴールドとして使われていますし、リスクの少ない資産となっています。

そしてまた、ビットコインは金よりも優れているという声もあります。

ビットコインは本来いくつかの機能を備えており、それゆえに投資対象としても魅力的かつ機能が単純に金にはない利便性を生んでいると言えます。

CryptoOracleの共同設立者のLou Kerner氏は、CNBCの番組内で、ビットコインが特定の領域では金の上位版として機能している可能性があると示唆しました。

同氏は以下のように述べています。

金は世界的に価値の保存先として機能し、数千年もの間その地位を保ってきました。これはすごいことです。そして今我々には、機能的に金に勝るビットコインという存在があります。我々はビットコイン誕生から長い間、金を価値の保存先としていた人々がビットコインに切り替えるのをずっと楽しみにしています。

Analysis: “Uncanny” Correlation Between The Long-Term Bitcoin And Gold Charts

Sep 9, 2018 By Nick Chong


参考記事はこちらから

Source: CoinPost