GMOマイニング、過去最高の月間ビットコイン採掘数を記録|仮想通貨採掘事業月次開示は終了へ

GMOマイニング、過去最高の月間ビットコイン採掘数を記録|仮想通貨採掘事業月次開示は終了へ
GMOマイニング事業の月次報告書が公開
GMO インターネット株式会社は8日、「2018年12月仮想通貨マイニング事業の月次報告」を発表した。前月比でハッシュレートの変化はなかったものの、BTC採掘量が過去最高を記録した。なお月次開示を終了する旨も述べ、今後は、四半期ごとの決算発表時に収益状況、事業KPIを開示するとしている。

GMOマイニング事業の月次報告書が公開

GMO インターネット株式会社は8日、「2018年12月仮想通貨マイニング事業の月次報告」を発表した。

また、今回の仮想通貨マイニング事業の月次開示を終了する旨も述べ、今後は、四半期ごとの決算発表時に収益状況、事業KPIを開示するとした。

GMOは12月25日、仮想通貨価格の下落や、想定を上回るハッシュレートの上昇により想定通りのマイニングシェアが得られなかった事を背景に、事業用資産の全額回収は困難とみて、「355億円の特別損失」を計上。マイニングマシンの開発・製造・販売事業は中止する旨を報告書で発表していた。

12月仮想通貨マイニング事業

出典:fs.magicalir.net

GMOが行う仮想通貨マイニングのハッシュレートは、概ね右肩上がりに上昇していたが、直近2ヶ月(11月12月)は停滞していることがわかった。これは、開示された「仮想通貨マイニング事業の再構築に伴う特別損失の計上に関するお知らせ」で報告された通り、より安価な電力の調達が可能な地域へのマイニングセンターの移転を検討していることが同水準を継続した理由として挙げられている。

また、BTCの採掘数だけで見た場合、GMOマイニング開始以来、最高値を更新している。自社ハッシュレートが伸びていない点を考慮すると、最高値を更新した理由は以下の2点になるだろう。

  • マイニングハッシュレートBCHからBTCに全て振り分けている
  • 世界のBTCハッシュレート、デフィカルティの低下

まず一つ目に挙げた「BCHマイニングをBTCに全て振り分けている」点だが、これはCoinPostのインタビューでも「いつ何を掘った方が良いのかをハッシュレートや仮想通貨の価格変動などから収益率を数学的に計算して、効率的にマイニングを行っている」とGMOグループ熊谷社長が述べていることからも、収益性がBTCに傾いたことでBTCマイニングにハッシュレートを振り分けたことが予想される。

実際に11月にはBCHのハードフォークによる通貨分裂が確認されており、相場が急落していた。一時的にBCHマイニングの収益性が大きく落ちた可能性は十分に考えられるだろう。

2つめは、ビットコイン相場下落に伴う、世界的なマイニング収益悪化に伴うグローバルハッシュレートとデフィカルティの低下だ。

出典:bitcoinwisdom.com

2018年末は、BTC価格下落に伴い収益が悪化した企業の撤退が相次いで報道されるなど、マイニング不況が顕著になった時期に当たる。実際に撤退の影響からかBTCグローバルハッシュレートは右肩下がりに推移しており、GMOが今回報告した12月の時期は、直近で最もデフィカルティが低い時期に当たる。

ハッシュレートが低くデフィカルティが低いという状況は、一般的に収益性が悪化していることをさすが、競合企業が減ることで、同様のハッシュレートでマイニングを続ける企業は採掘量を増やすチャンスにもなり得る。

実際にGMOのハッシュレートは3ヶ月間ほぼ同水準で推移していることからも、グローバルハッシュレートなどが下がった分、採掘量が増えた事に繋がったものと考えることができるだろう。

前述した通り、今後GMOのマイニング事業収益状況は、四半期ごとに発表される。現在発表されている、より安価な電力の調達が可能な地域へのマイニングセンターの移転を検討などを含め、今後GMOがどのような戦略でマイニング事業を行なっていくかが注目される。

CoinPostの関連記事

2018-12-30 12:08
2018-12-25 17:05
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

Source: CoinPost