ソーシャルメディアALISのオープンβ版が本日公開 仮想通貨・ブロックチェーン以外のカテゴリーも投稿可能に

ソーシャルメディアALISのオープンβ版が本日公開 仮想通貨・ブロックチェーン以外のカテゴリーも投稿可能に
ブロックチェーン活用のソーシャルメディアALISのオープンβ版が公開
ブロックチェーン技術を活用したソーシャルメディアALISのオープンβ版が本日公開された。仮想通貨とブロックチェーン等に限定されていたカテゴリーが自由に投稿可能となったほか、デザインも大幅にリニューアルされている。

ALISのオープンβ版が公開

株式会社ALISがブロックチェーン技術を駆使したソーシャルメディアALISのオープンβが本日公開された事を発表した

出典:株式会社ALIS

昨年4月からALISはユーザー事前登録制でクローズドβ版として仮想通貨とブロックチェーンのカテゴリーに限定してサービスの提供が開始されていた。

ALIS記事を書いた側と記事を読んだ側に独自のALISトークンが配布されるトークンエコノミーを成立したソーシャルメディアサイトだ。

既にALISでは以下の様な使用事例が一例としてある。

  • オンラインショップで暗号通貨ALISでの決済
  • 投げ銭機能でイラスト作成を依頼
  • イベントの広報活動に利用
  • 一部飲食店によるALIS決済の導入

しかし今回オープンβ版が公開された事で、「仮想通貨・ブロックチェーン」以外の記事でも自由に投稿できる様になったほか、デザインも大幅にリニューアルされた。

出典:株式会社ALIS

また今回のオープンβ版の発表はALISで追加される予定である12の新機能発表の第1弾で、ALISの公式ブログによると今後も毎月以下の新機能や修正版が追加されていく予定だ。

  1. デザインリニューアル(今回発表)
  2. カテゴリ全開放(今回発表)
  3. トークン保有ボーナス
  4. ALISウォレット
  5. エディター機能の改善
  6. 獲得ALISポートフォリオ
  7. 初めてのアクション時のモーダル表示
  8. 投げ銭ランキング
  9. OAuth認証
  10. ユーザー登録導線の回収
  11. 非公開記事のALISトークン購入
  12. Referralプログラム

さらに現在、ALISトークンは取引所で他の仮想通貨やや法定通貨に換金する事が可能となっているが、今後はALISウォレットから、暗号資産ALISを送付する機能が公開される予定とのことだ。

日本国内からの数少ない暗号通貨プロジェクトの進捗に注目していきたい。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-10-04 16:45
国内最大規模の仮想通貨コミュニティを誇るALISと日本マイクロソフトが「投げ銭」API開発のための協業を開始。ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨やトークンによる「投げ銭」機能を実装、実社会に適応させていくことでトークンエコノミー時代の価値の移動をスムーズにしながら、国内ブロックチェーン業界の健全な普及に貢献していく。

Source: CoinPost